福島・月舘町の刺し子織り

伊達市月舘町に工房をかまえる三和織物。
1951年生まれ、大峽健市(おおはざま けんいち)さんは日本で唯一の刺し子織り職人です。
染色界の巨匠、柳悦孝氏(民藝運動の創始者 柳宗悦氏の甥)に師事。
地道な努力と溢れる情熱、創意工夫を重ねることにより、
誰にも真似できない織物づくりを追求しています。
24F5E774-5BF0-4259-B176-19CD882F3B25 558F26F3-D2A4-43CC-94C6-3C7DE367289E
機械で布を織りながら、刺し縫いをしていく。
しかも大峽さんのような複雑な幾何学模様となると、
正直それがどれくらいの技術を要するものなのか想像もつかないほど。
C385542B-0A1D-496C-A1C2-53ABE4238762 F89CF978-DEB5-4F38-90C9-57039043D990
刺し子織りの商品は風呂敷(大・小)の他、ティッシュケース、コースターなど日用のもの。
最近風呂敷を使うシーンは減っていますが、旅行先で衣類をまとめたり、
着替えを持ち運ぶのに便利です。
「織物」として美しいので、テーブルクロスなどファブリックとしてもお楽しみ頂けます。
09250210-8C14-4239-984C-37D5C9B6DBAA
生地自体がふっくら柔らか。ハンカチ替わりに首に巻いても気になりません。
1度洗濯しましたが、色落ちもありませんでした。
3E7D7192-4659-4DEA-8073-E6B64D0E0A62 A2EFC63C-ADBE-41D5-BAA3-B1E23C79F03E
こちらは格子柄の座布団と座布団カバーです。銘仙判と八端判がございます。
6C72897F-0BEE-47EE-8DC4-55B9D498D973
柳格子の風呂敷。縦糸、横糸が織りなす複雑な柄。
和風過ぎない、現代的な雰囲気です。
9B9A5C9B-D9DF-46D4-803F-EDF1FCBE402D
個人的に、大峽さんの織物には「民藝品」としての芯の強さのようなもの、
そして安心感を感じます。伝統をただ守るだけではなく、常に未来を見据え、
新しいチャレンジを続ける攻めの姿勢に、お会いするたびこちらの背筋も伸びるようです。
海外の有名ブランドから生地のオファーも入っているそうで、
今後の活躍が楽しみです。

大峽さんとイラストレーター福田利之さんのコラボ商品「十布‐テンプ‐」も揃っております。

関連記事

  1. 栂瀬さんニット 明けましておめでとうございます。
  2. 伝統を活かして、、、和紙のご祝儀袋
  3. p1060661 足元から温かく!冷えを改善しましょう。
  4. P1050244 現代の粋を感じてみよう
  5. wacca 香りで日本をつなぐ…和精油のブランド「wacca」
  6. 「にじゆら」
  7. 「おこた」が恋しい季節になりました。
  8. P1040065 春よ来い♬季節を先取るタペストリー

最新ブログ記事

  1. FAACBDD1-683F-4DC6-A292-CFAE2EC77B56
  2. 8FD9D5C8-FEAD-4DBE-8F15-44516EC1EDEA
  3. 61A6D4F0-E72C-4D8B-80DF-AF860327DEC7
  4. P1040107
2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

PAGE TOP