店主の井桁です②

今回は晩酌三点セットをご紹介します。
(取り扱いは籐巻きアルマイトたんぽのみ、すみません。)
P1050436
写真右はアルマイトのチロリ、通称たんぽ。漢字だと 湯婆 と書くようです。
取っ手が熱くならないように、籐で巻いてあるので、
店では、籐巻きアルマイトたんぽ、と呼んでいます。
おでん屋さんなどでおなじみの方もいらっしゃるかな?
このたんぽにお酒を注ぎ、湯を沸かしたヤカン等に入れて温めます。
我が家では、広口のマグカップやタンブラーにお湯を半分くらいはって、
そこにたんぽを沈めて燗をつけます。少ないお湯で簡単に燗付け完了!!
P1050441
以前は電子レンジで温めていましたが、
たんぽで燗をつけるとお酒の特徴がよりよく感じられます。
ホットワインをつくるのにも便利で美味しい。

左の銚子は、小料理屋さんから頂いたもの。一合よりちょっと多めの容量がうれしい。

まん中の猪口は九谷焼。震災で欠けてしまったものを知り合いに頼んで金継ぎしてもらって使っています。
P1050439
拡大した写真がこちら。
P1050437
割れた器を漆で接着し、繋げた部分を金で装飾するのが、金継ぎ。
器を修復するだけでなく、以前より味わい深いものにしてくれる金継ぎの手法。
モノを大切にする文化として残していきたいものです。

洋服のカギザキや虫食い、穴あきを直す「かけはぎ」も、すばらしい技法ですよね。
(こちらはかけはぎで生き返ったジャケット。)
P1050431
次回もお楽しみに、、、

関連記事

  1. 店主の井桁です③
  2. 手仕事の里を訪ねて-奥会津・工人祭りに行ってきました-②
  3. 佐藤繊維の工場見学②
  4. BUTAPANAさんの工場見学に行ってきました②

最新ブログ記事

  1. 夏の食卓。

アーカイブ

PAGE TOP