店主の井桁です①

いげたのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
2016年正月より店主も不定期でブログを綴ります。

まずはプロフィールから、、、
名前 井桁 要(いげた よう)
1957年9月生まれ おとめ座
福島市立第一小学校入学
福島市立第四小学校卒業
福島市立第四中学校卒業
1987年前職を退き、帰福、株式会社いげた入社
2005年5月より株式会社いげた 5代目店主
2015年10月に窓装飾プランナー資格取得

集めているもの(正しくは結果的に手元に多くあるもの)
酒器・てぬぐい・シャツ

話題に詰まることを見越して、主に手元にあるものを紹介していきます。
したがって当社で扱っていないものの紹介も多くなると思います。
ご容赦ください。

本日はてぬぐいの中から、「板締め豆絞りの手拭い」
愛知県鳴海町『張正』制作 をご紹介します。
P1050231
白い木綿生地に紺の水玉が並んだ板締め豆絞りの手拭いは、
400年の歴史を持つ有松鳴海絞りの産地でも、ただ1軒『張正』だけに受け継がれる逸品です。
水玉の形も、にじみの具合も1つとして同じものはありません。
生地はおそらく知多半島の知多晒(ちたざらし)と思われます。
ざっくりとした太めの綿糸で織られているので、汗を良く吸収し、乾きも早い。
洗うほど、使うほどに柔らかく使い心地が良くなる、愛着の深まる手拭いです。
ハンカチ替わりにポケットに。愛用品です。
今後『張正』に伺い、生産工程を見せて頂くのが目標。

次回は酒器の中から何か一つ、の予定です。お楽しみに。

関連記事

  1. 革のスリッパを手作りしました。
  2. いげたの裏側「仕入れの様子」②
  3. 店主の井桁です②
  4. 工房おりをりを訪ねて 、、、(織りにトライ編)②

最新ブログ記事

アーカイブ

PAGE TOP