佐藤繊維の工場見学③

さてさて、やってきたのは、さくらんぼ畑の中にある「三泉工場」。
P1040967 P1040997
こちらでは、紡績から糸撚りまでの工程が、大規模に機械化されて行われています。
ここで、 再び五十嵐さんの登場です!(ピントがずれていて申し訳ありません、、)
P1040990
工場に入った途端に感じる羊の匂いと、しっとりとした湿気。
P1040968 P1040988
静電気が起きやすいため、「乾燥」は紡績の大敵で、
スプリンクラーで湿度を調整しています。

驚きだったのは、船便で届いた羊毛を糸に撚るまでにかかる工程の大変なこと!!
羊毛は、長さも向きもバラバラなので、そのまま糸にすることはできません。
揃えて、束ねて、太さを均等にするという過程を8回も繰り返します。
大きなドラム缶の中から、うねうねしながら、機械の中に吸い込まれていきます。
P1040975 P1040971
このダイナミックな光景は、なんとお伝えしたらよいものやら((+_+))
P1040978
出て来た羊毛は、フワッフワッの肌触り(*^。^*)
P1040974
その後、糸を撚る工程へ進みます。

こちらは糸を撚っているところ。
私たちも初めて見る撚糸の様子に、興味津々、、、
この時、テンションをかけたり、緩めたり、スピードを調整することによって、
オリジナルの表情豊かな糸が生まれます。
P1040982 P1040980

P1040983 P1040991
モヘヤなど繊細な糸は、巻き取る作業にも人の手が加わります。
切れてしまったらすかさず結んで、、、
P1040994

こうして出来上がった 「佐藤繊維」の糸は、
ヨーロッパのトップメゾンから、
ボーイング787の座席シートに使われたり、
アラブの方のターバンの材料になったりと、今や世界中で活躍しています。
P1040998
いつでも注文に答えられるようストックもきっちりと持って、
P1040999
デリバリーもスムーズに、、、流通も怠りなく!!

日本の紡績はほとんどが、海外(主に中国)で行われているそうです。
今になって、円安や、中国での人件費の高騰などを理由に、
もう1度生産を国内に戻したいと思っても、
1度流出してしまった技術の面や、人材難の面もあり、現実にはなかなか難しいということです。

改めて、「佐藤繊維」さんの企業努力、妥協しないものづくりの姿勢、
伝統を守りつつ、常に新しい試みにトライし続けることの大変さを感じた1日でした。
今回学んだことを「いげた」のお客さまにどのようにお伝えできるかが、私たちの課題です。
P1050003

※この後お伺いしたセレクトショップGEA、とても洗練されていて、スタッフ一同大興奮!
カフェで戴いた手作りのレモネードも大変美味しかったです(^^♪
お近くにいらっしゃる際は、ぜひおすすめです。

案内して頂いた青木さん、五十嵐さん、大沼さん、ありがとうございました。

関連記事

  1. 工房おりをりを訪ねて、、、 (糸を紡ぐ編)①
  2. 佐藤繊維の工場見学②
  3. 革のスリッパを手作りしました。
  4. クレオさんのスリッパ工場に行ってきました①

最新ブログ記事

アーカイブ

PAGE TOP