15代鈴木盛久 ~女性がつくる南部鉄器~

寛永2年 (1625年) から続く、旧南部藩御用達、

無形文化財としても登録されている、

鈴木盛久工房の南部鉄瓶がやっと入荷しました(^-^)

通常注文してから、約2,3カ月待ちは当たり前の人気の商品です。

一般の南部鉄器に比べると、少し赤っぽく、

独特の味わいがあります。

今回は見た目がまんまるの「日の丸鉄瓶」と、

全体がお花模様の「風花鉄瓶」が入荷しました。

どちらもカワイイ鉄瓶です♪

鈴木家15代めの鋳物師盛久さんは、実は女性の方です。

伝統の確かな技術の中に、どこかふんわりと

やさしさが感じられます(*^_^*)

南部鉄瓶でお湯を沸かすと、

水道水の塩素臭などが抑えられ、お湯をまろやかにし、

お茶やコーヒー、紅茶などが一層美味しくいただけます❤

赤ちゃんのミルク用にもおすすめです(*^_^*)

デリケートな鉄瓶ですが、

扱い方次第ではとっても長持ちします!

その他には、今年世界遺産に登録された平泉の、

中尊寺金色堂の天蓋の形を模した茶托もあります。

日常の中に息づく伝統の素晴らしさ。

ぜひ一度お試しください、、、

関連記事

  1. 足元を包み込むMERIの靴下
  2. 新年を香りと共に迎える、、、「悠々庵」香りのおもてなし
  3. 夏には珪藻土
  4. 奥深き醤油の世界「職人醤油」②

最新ブログ記事

アーカイブ

PAGE TOP