工房おりをりを訪ねて 、、、(織りにトライ編)①

「福島の織り姫」こと、鈴木美佐子先生が主催する「染工房おりをり」。
前回は糸を紡ぐことだけで四苦八苦、、、
今回はご自宅にお邪魔して、実際に機を織るという貴重な体験をさせて頂きました。
おりをり おりをり
先生の作品、材料、夢などが詰まった素敵なアトリエ。
愛猫ミルクちゃんにもお出迎え頂き、さあスタートです!
ミルクちゃん
まずは先生のお手本から。
「嫁入り道具よ♥」とおっしゃていた本格的な機織り機。
「シャー、トントン♪」というリズミカルな音。憧れます、、、
桃で染めた反物を制作中だそうです。淡い色がとてもきれいです。
おりをり おりをり

おりをり

とはいえ、こんな立派な機織りは初心者の我々には難しすぎます((+_+))
今回は卓上の機織り機に挑戦しました。
卓上の機織り機でも、織物の基礎はしっかり学べるとのこと。
はりきってとりかかります!
おりをり おりをり
おっと最初から大苦戦です!
このたて糸を張るという作業のどれだけ大変なことか、、、
間違えずにちゃんと順番通り隣に通して、、、
間違えたらそこからやり直し、「ま、いっか」は通用しないのです。
何事も下準備が大事。
「たて糸を張る」という作業にほぼ時間は費やされていきます、、、
前回もそうでしたが、いろんな意味で大変勉強になります。
おりをり
大人3人掛りで必死の形相。どうなることやら、、、
次回に続きます。

関連記事

  1. 佐藤繊維の工場見学②
  2. いげたの裏側「売場づくりの様子」
  3. 群言堂さんの勉強会に参加しました。
  4. 革のスリッパを手作りしました。

最新ブログ記事

アーカイブ

PAGE TOP