一期一会のじゅうたん「ギャッベ」

南ペルシア(イランの高原南西部)の遊牧民によって織り続けられている「ギャッベ」。
高地で生活を共にしている上質の羊の純毛を刈り取り、手で紡ぎ、草木染めで染め上げて、
1点1点丹精込めて織られています。
ギャッベ
何十年と使い込むほどに表情を変え、味わいを増していく「ギャッベ」。
遊牧生活をしながら広大な大地で育ち、その感性から生まれるデザインは、
まるでアートのような“自由さ”とどこか懐かしく、
素朴で“ほっこり”するような温かさを感じます。
世界に1枚しかない、まさに一期一会の宝物です。
ギャッベ ギャッベ
従来のクラシックなペルシャじゅうたんに比べ、
ナチュラルなインテリアや家具とも好相性の「ギャッベ」。
上質の羊の油が滲みこんでいるので、汚れをはじきます。
編み込みの密度がかなり細かいので、お手入れは掃除機をかけるだけで十分です。

1度見れば誰もが心を奪われる草木染めの豊かな色合い、
柔らかな手触り、気持ちの良さをぜひ実感して頂きたいです!
ギャッベ

関連記事

  1. 和紙を暮らしのなかに‐SIWA-
  2. 山形のニット作家‐栂瀬真さん‐
  3. iGETAおすすめ♫クリスマスギフト
  4. 梅干しパワーで熱中症対策!

最新ブログ記事

アーカイブ

PAGE TOP