インドの手仕事カンタ刺繍

カンタ刺繍
インドの職人さんが長い時間をかけて仕上げたカンタ刺繍の小物、
数寄屋袋と扇子ケースです。数寄屋袋は上品なポーチとしてもお使い頂けます。
カンタ刺繍
「カンタ」は「刺す」という意味で、インドやバングラディシュで作られている
伝統的な刺し子のことです。刺し子にすることで布が強くなるため、
古い布を再利用するための知恵として生まれたそうです。
日本の刺し子とはまた違ったエスニックな魅力があります。
手仕事の美しさは世界共通ですね、、、

 

関連記事

  1. 和紙を暮らしのなかに‐SIWA-
  2. よいものを永く使うしあわせ、、、甲州印伝
  3. ごくごく飲んで、クールダウン!
  4. 持ち歩きたい・プレゼントしたい・タオルハンカチ(^-^)

最新ブログ記事

アーカイブ

PAGE TOP