よいものを永く使うしあわせ、、、甲州印伝

1600年代から山梨県に伝わる伝統工芸。

「印」度(インド)「伝」来が名前の由来です。

鹿のなめし革を染色し、漆で模様付けをします。

強く柔らかく軽い鹿の革と、時を経るにつれて冴える漆のツヤが調和 し,

使い込むほどにしなやかで肌触りが良くなります。

印鑑ケースから財布、フォーマルに使えるバックまでアイテムも豊富です。

新社会人をはじめ目上の方への贈り物にも最適です。

末永くお使い頂きたいため、修理も承っております。

関連記事

  1. P1040107 リバティプリントで春になる!
  2. 松野屋トート 松野屋オリジナル‐丈夫な帆布の鞄‐
  3. P1050637 お宝発見!鉄男先生直筆の⁈
  4. p1060834 足元を包み込むMERIの靴下
  5. お洒落+エコ=クナプラス
  6. 珍しくて面白い、卵かけご飯箸
  7. 栂瀬さんニット 明けましておめでとうございます。
  8. カンタ刺繍 インドの手仕事カンタ刺繍

最新ブログ記事

  1. 18308E38-BA9E-48CD-8893-A80498070E5D
  2. E42567BB-B8AF-402D-BFE1-44F0B9C34A00
  3. ECE79D23-7D59-4F73-9B2A-DB4F06C1CF11
    素敵な出会い
  4. FAACBDD1-683F-4DC6-A292-CFAE2EC77B56
  5. 8FD9D5C8-FEAD-4DBE-8F15-44516EC1EDEA
2018年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

PAGE TOP