BUTAPANAさんの工場見学に行ってきました①

独特の複雑な編み柄と、カラフルな色合いが特徴のニットメーカーBUTAPANAさん。
「1度は作っているところを見てみたい!」
青森県三戸町にあるアトリエにお邪魔しました。


アトリエ兼工場はりんご畑の真ん中、何とものどかな場所にありました。
学校のような建物で、なんだかわくわくします。


まずはズラリと並んだ膨大な糸を見せていただきました。
BUTAPANAさんのオリジナルの糸は、綿糸も毛糸も、
山形県寒河江市の佐藤繊維(オバマ夫人のカーディガンで
一躍有名になった会社です)の糸を使用しています。
その糸を福島市で染めているとのこと!! 知らなかったのでびっくりです!(^^)!
それをさらに青森に送って編んでいるというわけです。
毎年10色の新色を開発、しかも2色を掛け合わせて編んでいるので、
たくさんの色サンプルができます。微妙な色の違いにこだわりがあり、
その中から、厳選した色が採用されます。
すごいです、、、((+_+))



続いていよいよ工場の中に!
24時間フル稼働で働く編み機と職人さんたちの熱気が伝わってきます。
BUTAPANAさんのニットは複雑なので、編み上がるのにとても時間がかかります。
社長自らデザイン、プロムラミングした通りに機械が動き、
糸が絡んでないか、切れていないかなど常に職人さんたちがチェックしています。
厳しい仕事の現場に圧倒されてしまいました。


おー、出来てます!まだまだ工程の途中ですが、大感動です(*^。^*)
今の時期はヨーロッパに出荷する商品を生産していました。
世界に羽ばたくメイドイン青森、、、素敵ですねえ。
長くなりそうなので、次回に続きます(^_^)

関連記事

  1. 明日は盆踊りです!
  2. 佐藤繊維の工場見学①
  3. 革のスリッパを手作りしました。
  4. 佐藤繊維の工場見学②

最新ブログ記事

アーカイブ

PAGE TOP