螺旋の造形。

アメリカ・カリフォルニアで陶芸を学び、東京で制作。
昨年、こちら福島市に越してこられた陶芸家・フじイまさよさんの作品をご紹介します。
色や質感の違う粘土を完全には混ぜずにろくろで成形したシリーズ「spiral」。
着色するのではなく、ろくろの回転と色粘土を加えるタイミング、
手の圧力の掛け方で模様が異なってきます。

こちらは、湖畔や小川の流れをモチーフにした「波」。

こちらは、絶え間なく変化していく砂の流れや起伏、風の造形を表現した、
「砂丘」と名付けられた器です。

フじイさんはある日、ご主人と一緒にいげたを訪ねてきてくださいました。
近くにあるご自宅で制作していらっしゃるとお聞きして、後日伺ってみると……。
なんと素敵なお住まい!暮らしや生活することと造ることが自然に調和していて、
フじイさんが制作しながらお料理をしたり、お庭でお茶を楽しんだりする姿が目に浮かぶようでした。

フじイさんの作品は、いわゆる「~焼き」というものではありません。
Spiralシリーズをはじめとして、使いやすく暮らしに馴染みやすいものばかり。
無駄の無いフォルムに柔らかな線がふわりと流れていきます。
いげたで是非、ご覧になってみて下さいね。

関連記事

  1. 1本¥1050、注文殺到の歯ブラシ
  2. 心休まる、やさしい革バック✿
  3. モノトーンでシックに、、、秋の印伝
  4. 革製バッグにニューフェイス!ひとつひとつ手作りKanmi

最新ブログ記事

  1. 夏の食卓。

アーカイブ

PAGE TOP